Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

News

Kyoto Prize at Oxford

Posted: 2016/06/02 | Author: UOJO

News

京都賞イベントがオックスフォード大学で開催されます。

オックスフォード大学総長ルイーズ・リチャードソン教授は201659日に行われた東京でのプレス・コンファレンスにて稲盛財団との新たな提携について発表しました。20175月より京都賞受賞者を毎年オックスフォード大学へ招聘し、講演会やパネルディスカッションなどを通して学生や学者達と意見を交わす公開イベントを行います。

京都賞は京セラ創業者の稲盛和夫氏が1985年に創設した国際賞です。毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の3部門に各1賞が授与されます。過去の受賞者には山中伸弥氏、サー・アントニー・ホーア、モーリス・ベジャール氏、デイム・ジェーン・グドールなどがいます。

Kyoto Prize at Oxfordはオックスフォード大学のブラバトニック公共政策大学院が企画・主催します。ブラバトニック公共政策大学院は公共政策の向上とリーダーシップの強化を使命とした若く活気にあふれた大学院です。公共政策大学院と稲盛財団は多くの価値観を共有し、特に人のため世のために役立つことをする人々にインスピレーションを与え、教育し、つなげるという使命は双方が持っている根本的理念です。今回の提携はそのような価値観の共有を軸とした特別なパートナーシップといえるでしょう。

1Kyoto Prize at Oxford201759-10日に開催されます。京都賞受賞者は講演会、パネルディスカッションなどに参加し、その模様はライブストリーミングなどを通じて世界中の人々とつながり、発信されます。

(写真左から、稲盛財団 檜物常務理事、金澤副理事長、オックスフォード大学リチャードソン総長、ブラバトニック公共政策大学院学長ウッズ教授、ヒッチンズ駐日英国大使、ブラバトニック公共政策大学院ミラーCOO)

関連リンク:
京都賞
公益財団法人稲盛財団

ブラバトニック公共政策大学院

その他のニュース