Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

レクチャー 眠りと生命のリズム―健康を科学する

Posted: 10/11/2016 | Author: UOJO

Event

24時間生物時計(概日時計、通称体内時計)は、私達の睡眠パターン、意識、気分、体力、血圧、その他もろもろの生命活動を支配し、制御し、調節します。過去10年の研究で脳が体内時計や睡眠パターンを生み出すメカニズムは飛躍的に解明されました。このメカニズムが理解されてくると、体内時計のリズムが人間の体や健康、そして生活の質に大きな影響を与えるということ、そしてそれを無視すると深刻な結果を招くことになるということもわかってきました。今回のレクチャーでは、体内時計と光の関係、つまり光がどのように体内時計のリズムを生み出し、制御しているのか、そして個人の健康や秩序ある社会を考える時になぜ生物学のこの基本的な部分を無視してはいけないのか、ということを考察します。

ラッセル・フォスターは、オックスフォード大学神経科学の教授で、眼科研究室長、そして眠りと概日リズムを研究する研究所の所長を務めています。ブレーズノーズ・カレッジのフェロー。研究分野は神経科学、特に眠りと概日リズムの発生と制御に焦点をあて、そのシステムがうまく働かなくなったときの健康に対する影響について研究しています。多数の論文を発表し、数々の賞を受賞しています。眠りと概日リズムについて出版した4冊は大変人気のある科学本です。

 

2016年11月8日火曜日
19:00-20:00
レクチャー
レクチャーは無料です。英語で行われ、通訳は入りませんのでご了承ください。
開催場所:東京都千代田区三番町6-3 三番町UFビル1F
レクチャー会場へのアクセス

20:00-21:30
懇親会  参加費用1人3500円。当日お釣りのないようご持参ください。
開催場所: 東京都千代田区三番町3-10 1F
Saludサルー
懇親会会場へのアクセス

お申込みフォーム