Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

News

新型コロナウイルス:ワクチン臨床試験

Posted: 2020/04/27 | Author: UOJO

News

オックスフォード大学のワクチン開発グループとオックスフォード大学ジェンナー研究所は、新型コロナウイルスCovid-19に対するワクチンの開発にかつてないスピードで取り組んでいます。すでに臨床試験が始まっており、大量製造の計画も含め、早ければ今年中の実用化を目指しています。

オックスフォード大学の研究グループはチンパンジーのアデノウイルスワクチンベクター(ChAdOx1)を使用し研究開発を行っています。アデノウイルスワクチンベクター(ChAdOx1)は1回の接種で強力な免疫反応を得られ、遺伝子は組み替えられているので人間の体に感染しないということになっています。チンパンジーのアデノウイルスベクターはすでに深く研究されており、他のワクチンにも使用されたことがあります。

コロナウイルスは外膜に独特の突起(スパイク)があります。オックスフォード大学研究チームは、この表面スパイク遺伝物質をChAdOx1アデノウイルスに加えました。ワクチン接種すると、コロナウイルスが体に侵入したとき、体はスパイク蛋白物を認識して、免疫システムがウイルスを攻撃する反応を引き起こすという仕組みになっています。

オックスフォード大学研究チームは過去MERS(中東呼吸器症候群)流行時に初期臨床試験に成功するなど、コロナウイルスのヒトへの感染に効くワクチン開発を今までにも行っています。今回もその時の知見を最大限に生かし、新型コロナウイルスに有効なワクチン開発をできるだけ早急に行いたいと願っています。

関連リンク:
オックスフォード大学 新型コロナウイルス ワクチン臨床試験 (英語)
オックスフォード大学COVID-19ワクチン臨床試験について 動画あり(英語)   
新型コロナウイルス研究への寄付(英語) 

 

その他のニュース