Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

オックスフォード大学日本事務所は、日本国内の企業、団体、卒業生、一般の皆様とオックスフォード大学との協力関係を育み、共に発展することを目的に活動しています。

オックスフォード大学と日本には深いつながりがあります。オックスフォード大学ボドリアン図書館に日本の書籍が初めて入庫したのは1629年のこと。1873年には最初の日本人学生である岩倉具経が入学しました。オックスフォード大学は、日本を代表する企業や教育機関と数多くの共同研究をおこなっています。世界屈指の日本研究で知られる本校の日産現代日本研究所や東洋学研究所は、日本研究の分野で世界をリードし、学部生・大学院生の教育をおこなっています。

オックスフォード大学日本事務所のスタッフ

ニュース

オックスフォードで学ぶ

オックスフォード大学への出願をお考えの方は、本校ウェブサイトの「Admissions」をご覧ください。学部および大学院への出願に必要なすべての情報が掲載されています。

オックスフォード大学にはさまざまな奨学金が用意されており、日本からの留学生を対象とした奨学金もあります。

  1. オックスフォード神戸奨学金
  2. スワイヤー・センテナリー・アンド・キャセイパシフィック・スカラシップ
  3. 麻生オックスフォード大学院ニューカレッジ奨学金
  4. リップルウッド奨学金(マートン・カレッジ)
  5. オックスフォード上廣セント・クロス奨学金給付型派遣制度

上記以外にも、オックスフォード大学は国籍に関わらず広く門戸を開いた数々の奨学金を提供しています。奨学金を検索したい方は、「Fees, funding & scholarship」をご覧ください。

卒業生の皆様へ

日本には千人以上のオックスフォード大学卒業生がおり、3つの公認同窓会が活動をおこなっています。

  1. Oxford University Society Japan
  2. The Cambridge and Oxford Society
  3. Oxford Business Alumni – Tokyo Chapter

同窓会の最新情報については、それぞれの同窓会に直接お問い合せください。 またオックスフォード大学日本事務所では、オックスフォードの学者による「オックスフォード・アカデミックス・イン・ジャパン」レクチャーシリーズなど、卒業生と関係者の交流を促進する人気イベントを定期的に開催しています。卒業生の方は「Alumni Online」で現在の連絡先をご登録いただくか、オックスフォード大学日本事務所までご連絡ください。当事務所で主催する各種イベントのご案内をお送りいたします。

未来への貢献

世界最高水準の研究と教育で知られるオックスフォード大学。この伝統をこれからも末永く継承するため、総額30億ポンドを目指しておこなわれている募金キャンペーンが「Oxford Thinking」です。

2008年に始まった当キャンペーンはオックスフォード大学に大きな変化をもたらし、日本からの募金も目覚ましい役割を果たしています。皆様からの寄付金は、世界中の優秀な若者を支援する奨学金となり、また世界第一級の教授陣を招聘する原資となります。最先端研究の舞台となる歴史的な建造物も、皆様のご支援によって次世代へと受け継がれていきます。

未来への貢献Oxford Thinkingはこちらへ

70-532, / HP0-D31, / 70-662, / 070-347, / 2V0-621, / 070-480, / PR000041, / MB2-703, / 400-101, / 300-135, / HP2-Z31, / 352-001, / 98-364, / 70-410, / CLAD, / 700-039, / 070-410, / MB2-700, / 70-411, / HP2-Z12, / 70-414, / 300-101, / 312-49v8, / E10-001, / 70-341, / 1Z0-060, / 1Z0-061, / 70-488, / HP0-S41, / C_TFIN52_66, / 070-642, / 070-462, / |200-310, |300-101, |400-201, |70-347, |ADM-201, |300-208, |300-208, |EX200, |400-051, |70-461, |MB2-707, |300-070, |MB2-707, |300-070, |200-120, |300-320, |300-115, |400-101, |300-115, |400-101, |70-346, |70-480, |300-075, |210-060, |300-075, |210-060, |SY0-401, |M70-201, |HP0-S41, |SY0-401, |M70-201, |HP0-S41, |100-101, |MB2-702, |101, |MB2-702, |101, |70-488, |MB2-701, |CISSP, |N10-006, |CCD-410, |210-260, |MB5-705, |70-483, |350-018, |C4040-250, |810-403, |810-401, |70-486, |200-310, |300-101, |200-310, |300-101, |400-201, |70-347, |ADM-201, |300-208, |EX200, |300-208, |EX200, |400-051, |70-461, |MB2-707, |300-070, |200-120, |MB2-707, |300-070, |200-120, |300-320, |300-115, |400-101, |70-346, |70-346, |70-480, |300-075, |210-060, |SY0-401, |M70-201, |SY0-401, |M70-201, |HP0-S41, |100-101, |MB2-702, |101, |70-488, |MB2-701, |101, |70-488, |MB2-701, |CISSP, |640-554, |AWS-SysOps, |640-554, |AWS-SysOps, |N10-006, |CCD-410, |210-260, |MB5-705, |70-483, |200-310, |300-101, |400-201, |70-347, |ADM-201, |300-208, |EX200, |400-051, |70-461, |MB2-707, |300-070, |200-120, |300-320, |300-115, |300-320, |300-115, |400-101, |70-346, |70-480, |300-075, |210-060, |300-075, |210-060, |SY0-401, |M70-201, |HP0-S41, |100-101, |MB2-702, |101,