Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

News

新型コロナウイルス対談

Posted: 2020/05/19 | Author: UOJO

News

オックスフォード大学の新型コロナウイルス研究の最前線にいる研究者が自ら最新情報をお届けする動画シリーズCovid Conversationsが始まりました。この病気について研究者自らがわかりやすくお話しし、質問することもできる貴重な機会です。ライブ視聴を逃した方もユーチューブで過去の放送を視聴することができます。

第1回:オックスフォード大学の新型コロナウイルス研究の概要
5月6日水曜日放送。オックスフォード大学医学部長のガビン・スクリートン教授がオックスフォードで行われているコロナ研究の最新情報と現時点における成果についてお話します。

第2回:ウイルス病原性
5月13日水曜日放送。ウィリアム・ジェームズ教授とリチャード・コーノル教授が新型コロナウイルスがひとの体のなかでどのように行動するのか、オックスフォードでの研究からわかってきたことをお話しします。

第3回:治療薬の開発
5月20日水曜日放送。ニコール・ジッツマン教授が新型コロナウイルスの治療薬の開発について話します。

第4回:免疫学
5月27日水曜日放送。ポール・クレナマン教授が新型コロナウイルスの抗体と免疫反応について話します。

第5回:誤情報と不平等
6月3日水曜日放送。ジーナ・ネフ教授とラスムス・ニールセン教授がパンデミック下における間違った情報の拡散、および今の状況がもたらしている社会的不平等の問題について話します。

第6回:英国のデジタル接触追跡アプリ
6月10日水曜日放送。クリストフ・フレーザー教授とマイケル・パーカー教授がNHSのモバイル接触追跡アプリの開発のかなめとなっている疫学と倫理について話します。

第7回:Covid後の経済とグリーンリカバリー
6月12日金曜日放送。オックスフォード大学サイード・ビジネススクールの社会起業家スコールセンターのディレクターであるピーター・ドロバックとアオイフ・ヘイニ―博士が、Covid-19パンデミックを経済と環境に与える影響の観点から議論します。

第8回:ワクチン
6月17日水曜日放送。サラ・ギルバート教授が新型コロナウイルスワクチン開発の取り組みについて話します。

第9回:子どもたちの心の健康を守る
6月24日水曜日放送。アラン・スタイン教授とサラ・ジェーン・ブレイクモア教授が新型コロナウイルスの子どもたちの精神に与える影響について話します。

第10回:デキサメタゾンとリカバリー臨床試験
7月1日水曜日放送。ピーター・ホービー教授とマーティン・ランドレイ教授がオックスフォードで行われている新型コロナウイルス治療にむけての主要臨床試験のひとつ、リカバリー臨床試験(RECOVERY trial)の研究状況、特に少量のデキサメタゾン投与(ステロイド治療)の死亡リスク軽減効果について話します。

第11回:新型コロナウイルスに対する各国政府の対応
7月8日水曜日放送。新型コロナウイルスに対する各国政府の対応はなぜこんなに違うのか?各国の政策はどのような影響をもたらしているか?トマス・ヘイル博士がオックスフォード大学ブラバトニック公共政策大学院で開発されたCOVID-19 Government Response Trackerについて、語ります。

第12回:新型コロナウイルスの影響と学校
7月15日水曜日放送。ハリー・ダニエルズ教授とイアン・トンプソン准教授が新型コロナウイルスが子どもたちに与える影響と学校再開をめぐる課題について話します。

第13回:マスクは有効!
7月22日水曜日放送。メリンダ・ミルズ教授がマスクの有効性と、マスクの使用をめぐる政策や人々の反応といった世界各国の違いについて話します。

第14回:. 感染症の数理モデル
7月29日水曜日放送。ロビン・トンプソン博士が数理モデルを活用した感染症の段階別対策方法と有効性について話します。

過去の動画および今後放送予定の対談についての詳細はこちらまで。

その他のニュース