Menu

Japan Office

オックスフォード大学日本事務所

News

オックスフォード大学次期総長

Posted: 2022/05/10 | Author: UOJO

News

現オックスフォード大学マートン・カレッジの学長であるアイリーン・トレーシー教授がオックスフォード大学次期総長に選任され、2023年にルイーズ・リチャードソン教授の後任として総長に正式に就任する予定です。

トレーシー教授は学部および大学院をマートン・カレッジで過ごし、世界的な神経科学者として活躍しています。2019年からマートン・カレッジの学長を務め、ナフィールド臨床神経科学部で麻酔神経科学の教授、臨床神経科学部の部長、オックスフォード大学の副総長を務め、欧州神経科学学会連合の次期会長でもあります。

2020年に来日した際にはオックスフォード大学日本事務所企画の「オックスフォード・アカデミックス・イン・ジャパン」レクチャーシリーズに登壇。ニューロイメージングを使って、痛みを“見る”?と題したレクチャーを行い、好評を博しました。

より詳しい情報はオックスフォード大学のウェブサイト(英語)をご覧ください。

その他のニュース